お正月のリース(2019) 第3回 -完成-

2018.12.24
こんにちは。

お正月のリースの最終回です。
作品は随分前に完成し、
数日前にヤフオクに出品しております。
ブログでのご紹介が遅くなってしまい、
申し訳ありませんでした。m(。≧ _ ≦。)m
大急ぎでご紹介したいと思います。(;^-^A

chizutandesu2018122401.jpg

すべてのモチーフを縫いつけたあとのベースの裏側です。

chizutandesu2018122402.jpg

このベースにいつものようにプラスチック板を重ね、
さらに厚手のフェルト(クレヨンフェルト)を重ねます。

chizutandesu2018122403.jpg

周囲をブランケットステッチで縫いとじます。
毎回同じ事ばかりを書いていますね。(;^-^A

縫いとじ終えたら完成です。

chizutandesu2018122404.jpg

縮緬をたっぷり使ったリースに仕上げました。
華やかな雰囲気に仕上げることができて満足しています。
画像では分かりづらいのですが、
ベースに使っている縮緬は上部が黄色で下部が黄緑色です。

裏側はこのような状態になっております。

chizutandesu2018122405.jpg

chizutandesu2018122406.jpg

今日はクリスマスイヴですね。
素敵なクリスマスをお過ごしになれますように。( ^-^ )

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

今年も残すところ1週間ですが、
この年の瀬に今年最大の喪失感を私は味わっています。( ´△`)
私の大好きなリビングルームから大大大好きなものが
忽然と掻き消えてしまいました。(T◇T)

このマンションのリビングルームは完全な南向きであり、
天気の良い日には眩しいほどの陽光が大きな窓から差し込んできます。
それはレースのカーテンの上で踊るようにきらめく木漏れ日です。
カーテンを開くとベランダの向こうに小さな中庭が見えます。
その先の低めの塀を隔てた向こうには木々が生い茂っています。
森のように広い隣のお宅のお庭の木々です。
1階にあるこの部屋から見える木々は、
空を覆い隠すほど背の高いものばかりでした。
それはどんなに美しい絵画にも負けないと思えるような見事な借景でした。

2~3日ほどカーテンを開けずにいる日が続き、
やけにブルドーザーの音がうるさいなぁと思いながらカーテンを開くと、
なんと木が一本もありませんでした。(〃゚O゚)ノ
このマンションの建物ごと移動したかのように、
見慣れない大きな青空と遠くのお家の壁が見えます。
どんなにカーテンを全開にしていてもどこからも覗かれないと
思えるほど覆い隠してくれていた木々が1本もなく、
知らないお家が見える~~~!!(≧◇≦)
なんだか裸のまま外に飛び出してしまったような気分になり、
恥ずかしくなって慌ててカーテンを閉めました。(;^-^A

あれからまた2~3日が経ち、
広い青空を楽しもうとはしているのですが、
近いうちにお隣の広大な空き地には建物が建つんでしょうね。
高層マンションが建ってしまったら、
眩しい陽光ともサヨナラです。
あ~あです。( ´△`)

それではまた。(;^-^A

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


いつも応援してくださり、
ありがとうございます。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
にほんブログ村

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する