お城のリース 第4回 -完成-

2018.10.10
こんにちは。
今日はお城のリースの完成までをご紹介しますね。

chizutandesu2018101001.jpg

お城の手前に王子様とお姫様を立たせました。
いつもは男の子も女の子も同じ体格なのですが、
今回は男の子のほうが少しだけ背が高くなっています。
というのも今回の男の子は、
珍しく靴をはいているからなんです。
上げ底ですね。(〃 ̄m ̄)

chizutandesu2018101002.jpg

下のほうの空いたスペースには、
サテンの薔薇のモチーフを縫いつけていきます。
このモチーフは私の手作り品ではなく市販品です。
葉っぱだけはフェルトで手作りしました。
緑色が入ると色合いのバランスがおかしくなるので、
葉の色には白を選びました。

ところでこのお城の壁の色って、
真っ白ではなく「生成」なのですが、
薄汚れた白に見えてはいないでしょうか?( ̄ヘ ̄;)

chizutandesu2018101003.jpg

作っているうちに不安になってきました。
どうしたら生成だと分かってもらえるだろうと考え、
真っ白なフェルトと対比させたらいいと思いつきました。
そのために真っ白な小鳥を飛ばせることにしました。d( ^-^ )

chizutandesu2018101004.jpg

小鳥を作っているうちに、
心配性な私は更なる不安が・・・。( ≧ェ≦;)
羽をつけるまではフグにしか見えなかったんです。
でも羽をつけてみたら、
なんとか小鳥に見えてきました。(;^-^A

生成問題も小鳥問題も解決して、
気をよくしながら吊り下げ用の紐と
てっぺんのリボンを縫いつけました。

chizutandesu2018101005.jpg

これで表側は完成したので、
裏の処理に入ります。

chizutandesu2018101006.jpg

いつもと同じように、
内部に薄いプラスチック板をはさんで、
背部に厚手のフェルトをあてがいます。

chizutandesu2018101007.jpg

周囲をチクチクチクチク・・・ブランケットステッチ。
周囲をかがるだけで2時間かかります。
でもすべての行程の中で一番単調な作業なので、
録画してあった映画をじっくり観ながら縫うことができます♪
あっ、映画を観てるから時間がかかるのかな。( ≧ェ≦;)

さてさて、こちらが完成品です。

chizutandesu2018101008.jpg

めっちゃ飾り立てちゃいました。(≧▽≦)
もしかして、やりすぎ・・・? (/≧◇≦\)
でももうこれ以上は無理だというくらい甘々にしたので、
私としては満足しています。
うんうん、小鳥のお陰で壁の色が生成に見えますね。

裏側はこうなっています。

chizutandesu2018101009.jpg

サイズは縦が約23cm、横が約22cmです。

chizutandesu2018101010.jpg

最後までご覧くださり、
ありがとうございました。
次回はクリスマスをテーマにしたリースを製作します。
こちらも楽しみにしていてくだされば幸いです。
それではまた。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

去年の秋にラジカセを買ってから、
買い集めてきた中古CDが100枚くらい溜まりました。
節約大好き(というより安物買いが好き)の私なので、
膨大な時間と手間暇をかけて、
本当に欲しいものだけをネットや古本屋さんで
1枚200円以下の商品の中から探し集めてきました。
慌てて聴いてしまうと飽きてくるので、
じっくりと時間をかけて丁寧に聴いていきたいです。
だからまだ半分くらいしか聴いていません。
先日はブックオフで108円のCDアルバムが
更に半額に値引きされて売られていました。
その中に前々から欲しくてたまらなかった
カナダの某歌姫の4thアルバムが置いてあったので、
喜び勇んで買って帰りました。
もったいないので、まだ聴きません♪
喜び勇んでCDラックに入れようとしたら、
あら、こんなところにも、ありましたね、同じCDが。
調べてみたら、数ヶ月前にヤフオクで落札していました。
私は厳選に厳選を重ねて何をやっているんでしょうか。
( ´△`)

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


いつも応援してくださり、
ありがとうございます。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
にほんブログ村

コメント

お紅茶飲みたいです(笑)

お城のリース、完成おめでとうございます(((o(*゚▽゚*)o)))♡優雅な気分になったので、こんなタイトルをつけてみました(笑)

背のちょっぴり高いカッコいい王子様と可愛らしいお姫様、素敵なお城に綺麗なバラが咲き乱れ、白い鳥たちも祝福してくれる(〃ω〃)甘くて女子の夢が詰まったリースですね♡♡
生成の壁も白い鳥がとぶことで強調されて、歴史を感じる素敵な色合いになってると思います(*^^*)
バラが咲いてるところがさらにヨーロッパのお城に近くなっていて優雅な気分になれるリースですね♡ミルクティーとマカロンを食べながら見たいです(о´∀`о)

まわりを縫い上げるのに2時間もかかるのですねΣ(・□・;)一つ一つが等間隔でいつも素晴らしいと思うのですが、時間を惜しまずに丁寧に作業されるちぃず様の作品への愛情を感じます。どこから見ても隙のないかわいさはこうやって作られるのですね(*^^*)

CDをだぶって買ってしまう気持ち、わかります!私は日用品で安いと飛びついて買ってしまい、サランラップがすごい大量にあります…。家に帰ってがっくりするのに、またやってしまうんですよね(;ω;)もし近かったらサランラップと交換していただきたいです(笑)

次回のクリスマスの作品も楽しみにしています♡めっきり寒くなってきたので、ちぃず様もお体に気をつけて秋を楽しんでください(*^^*)


ピカミさま、いらっしゃいませ!(〃^〇^〃)

ピカミさん、こんにちは♪
いつも可愛らしいコメントをありがとうございます。(〃∇〃)

とっておきのお紅茶をご用意してお待ちしております。
お紅茶と一緒に召し上がっていただくために、
美味しいという評判のお店クッキー・ジャーから、
チョコチップ・クランチ・クッキーをお取り寄せいたしました。
大量に注文しておいたので、
お土産としてお持ち帰りいただくために、
大量のサランラップのご用意をお願いいたします。( ^m^ )

今回もたくさんのステキなメッセージをいただけて、
とても嬉しく思うと同時に感心しております。
こんなに様々な表現の仕方は私には思い浮かびません。( ≧ェ≦;)
薄汚れた白に見えかねない生成を
「歴史を感じる素敵な色合い」だなんて、すごい!!
言葉の魔術師でいらっしゃる!(≧◇≦)
ミルクティーとマカロンも良いですね~。(〃´ー`〃人)
もちろんイチゴの載ったマカロンですよね~。

まつり縫いの2時間は私にしては早いほうだと思います。(^◇^;)
単純な作業ほど早くできるのですが、
ちまちました作業の多いマスコット人形などは、
1個作るのに7~8時間はかかると思います。( ≧ェ≦;)
何年経っても早く作れるようにならないです。
でもそれを愛情だとおっしゃっていただけたら、
すごく嬉しいです。(〃∇〃)

大量にあるサランラップは想像すると笑っちゃいます。( ^m^ )
私も調味料ではよくあります。
ヽ(〃^-^)人(^-^〃)ノ 仲間~♪
でもラップや調味料はいつか有効に使えるけれど、
タブってしまったCDは・・・。(((_ _|||)))
人にあげる以外に使い方が思い浮かばないです。(T◇T)
ラップと交換だなんて私にはありがたいですが、
54円のCDと交換しちゃったら、
ピカミさんが損しちゃいますよぉ。(;´д`)ノ

朝は寒くなってきましたね。
でも日中は暑かったりして、
着るものに困っちゃったりしますね。
ピカミさんも風邪をお召しにならないようご注意くださいね。
それではまた。( ^-^ )

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する