果樹園の置物 第4回

2017.11.23
こんにちは。( ^-^ )

3つめの果物「柿」の製作工程をご紹介しますね。
柿の実の特徴といえば、
形が四角いことだと思います。d( ^-^ )
フェルトをくるむための四角形の芯を
二重カンや針金を使って作ろうとしたのですが、
上手くいかなかったので、
プラスチック板を使って作ることにしました。

chizutandesu2017112301.jpg

厚手(厚さ1ミリ弱)のプラスチック板を
直径1センチの円形に切る作業は、
難しくて私にはできなかったのですが、
四角く切る作業は簡単にできました。
カッターナイフで細長く切り取った後、
1センチの長さにハサミでざくざくと切り落とし、
あとは四隅のトンガリを切り落とすだけですから。( ^-^ )v

でもこのままだとアクリル紐の結び目を通す穴がありません。
そこで中心部にパンチで穴を開けることにしました。

chizutandesu2017112302.jpg

我ながら、
よく考えたものだなぁと思います。( ^m^ )

続いて芯をくるむためのフェルトを切り取ります。

chizutandesu2017112303.jpg

ヘタをアイロン接着フェルトで作りました。
結構苦労しながら作りました。
なんせ、ちっちゃ~~いから。(≧◇≦)
8ミリ×6ミリほどの大きさです。
15個の柿の実を作るために、
その1.5倍ほどの数のヘタを切り取り、
綺麗に切り取れたものだけを使いました。d(≧-≦;)

あとはりんごやみかんのときと同じ作り方をします。

chizutandesu2017112304.jpg

ヘタの中央にアクリル紐を突き刺して先端を結んでおき、
フェルトの周囲をぐし縫いして巾着のように絞り、
内部にポリエステルわたとプラスチック板を入れます。
プラスチック板の穴には紐の結び目を通しておきます。
糸をぎゅっとしぼって縫いとじたら実の完成です。

chizutandesu2017112305.jpg

茎が長いと柿らしく見えないですね。( ^m^ )

これもりんごやみかんと同じようにたくさん作りましたよ。

chizutandesu2017112306.jpg

アクリル紐は短く切り落とし、
ほつれないよう先端を接着剤で固めてあります。

りんごもみかんも2色のフェルトを使ったので、
柿も鮮やかなオレンジ色と暗めのオレンジ色の2色にしました。
暗めのオレンジ色は熟しすぎた柿のようですね。
皮が手でむけるほど実の柔らかくなった柿も私は好きです。

話が脱線しますが、
母の実家の庭には大きな柿の木が何本かあり、
毎年秋には実をたわわに実らせていました。
ちなみに母の実家は柿の木のよく似合う
藁葺き屋根の古民家でした。
そこは私の家から車で1時間以内に
行き来できるところだったので、
子どものころから大人になるまで柿は取り放題の食べ放題でした。
だから柿はタダで食べられるものというイメージが強すぎて、
遠く親元を離れてからスーパーに並んでいる柿を見かけたときには、
「え!? 柿ってお金を出して買うものなの?」と
思って驚いたものです。( ^m^ )
お金を出して買うことに抵抗を感じなくなるまでに
数年がかかりました。

実と葉を1つずつ丁寧に幹に縫いつけました。

chizutandesu2017112307.jpg

余らせるのがもったいなくて、
全部縫いつけちゃいましたが、
どう見ても多過ぎでしたね。(^◇^;)

それから柿の実って葉の枯れ落ちた木に
実っているというイメージがあるのですが、
りんごやみかんの木と並べたときに、
釣り合いがとれるように葉をつけておくことにしました。

chizutandesu2017112308.jpg

すごくぎゅうぎゅう詰めですね。(;^-^A

では次回には背景となるベースに
木々を並べる様子をご紹介しますね。( ^-^ )

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

前回の記事でちらっと書いた「CDラジカセのお陰で
食器洗いが好きになった」についてご紹介しますね。
まあ、そんな大した話ではないのですが。(;^-^A

私には潔癖症かつ完璧主義なところがあって、
毎晩、調理の後片付けをするたびに、
コンロとコンロ周りの壁を隅から隅まで
拭き掃除するという習慣があります。
食器洗いと拭き掃除に50分くらいかかるのですが、
すごく面倒臭く思える作業だし、
集中力の続かない性格でもあるので、
休み休みにやってしまって1時間以上かかります。(^◇^;)
それで図書館から借りてきたCDや昔のテープを
食器洗いとコンロ掃除のときにだけ聴くという
ルールを作ることにしたんです。( ^-^ )v

CDラジカセを購入する以前には、
CDはパソコンとテレビ(DVDプレーヤー)でしか
再生できなかったのですが、
これだとご近所や家族に迷惑だろうと思うほど大音量にしないと、
食器洗い中の水しぶきの音にかき消されて聞こえませんでした。
それでCDラジカセを置いたワゴンを
食器洗いのたびにキッチンシンクのすぐそばまで移動させて、
イヤホンをつけて聴くことにしました。
すごくでかいポータブルCDプレーヤーの完成です。( ^-^;)

chizutandesu2017112309.jpg

重低音の好きな私は重低音重視のイヤホンも、
貯めたポイントで購入しました。

このイヤホン、音はすごく好みなのですが、
私の装着の仕方が悪いのか、
外れやすいんです。( ≧ェ≦;)

コードを耳の上に引っかけるという方法で装着すると、
多少は外れにくくなるけれど、
あちこち動き回ると外れてしまいます。
それでイヤホンの上からガムテープで押さえることにしました。
(↑すごくマヌケです)
この装着作業に数分かかるので、
一度装着したら当分は外したくないです。
それにワゴンをあちこち移動させるのも面倒なことです。
だからワゴンをシンクの横に移動させて、
イヤホンを装着してからは、
一気に食器洗いを終えてしまうことにしました。

ということで、
楽しみなCDを食器洗いの時間にしか聴けないことにしたら、
少しは食器洗いの時間が楽しくなった上に、
CDラジカセに拘束されて身動きとれない状態では、
一気に洗ってしまわざるを得なくなったというわけでした。
( ^m^ )

でもまたポイントを貯めたら、
外れにくいイヤホンを買いたいです。( ̄ー ̄;)

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


いつも応援してくださり、
ありがとうございます。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
にほんブログ村

コメント

ちっちゃな柿ですね~

 毎度のことながら、細かい作業を丁寧にされているちいずさん、尊敬します。あらゆる面で完璧を求めていらっしゃるんでしょうね。
 当方は時々ポイントのズレたところでこだわりが出て困ってます😰。
 お出掛け前の忙しい時に限って家の中の僅かなヨゴレが気になって仕方ないんです。今じゃなくても…って思いながらゴシゴシ…苦しいデス。

 ちいずさん、その後肩や腕の具合は如何ですか?
私もリンパマッサージやアロママッサージ等試しましたが、歯が立たず鍼灸に行ってみました。
 下肢のむくみもドライアイも冷え症も一気に治るってホンマかいな? 整体よりも料金は高いけど、背に腹は代えられない瀬戸際に来てるので(私にしては)清水の舞台から飛び降りるつもりで行ってみました。
 
 ⭐私の母は気に入った美術工芸品を手に入れるとき『清水の舞台から…😅』のワードをよく使っていて、私や妹は「一体何回飛び降りてんの😜?」と呆れたものです。

 ガチガチの体をほぐして師走に突入したいと思います。ちいずさんの夢一杯の作品を楽しみにしてます。 

コツコツアツコさま いらっしゃいませ。\(#^0^#)/

コツコツアツコさん、こんにちは。( ^-^ )
コメントをどうもありがとうございます。

細かな作業のことを自慢気に書いちゃいましたが、
この記事を書いたあとに、
とあるミニチュアの画像を見てからは、
私の作業なんて「細かな」の部類に
入らないんじゃないかと思いました。
どうやって作ってあるのか想像もつかないほど小さな作品でした。
世の中にはすごい人っているものですねぇ。(〃´o`)=3

私は「あらゆる面で完璧」を
求めているってことはないです~。(/≧◇≦\)
自分のこだわっているものにしか一生懸命にならなくて、
こだわっているものは手芸品とキッチン周りくらいなものです。
お風呂とトイレはたいして綺麗じゃないかも。(^◇^;)
「完璧主義」だというのは誇大広告でした。(/≧◇≦\)
キッチンが綺麗じゃないと気が済まないのは確かですが、
肝心の料理のほうはかなり手抜きなんです。( ̄ー ̄;)

お出かけの前に急にお掃除・・・というのは、
私もそういうタイプです。( ^m^ )
気になると後先考えずに始めちゃうところがあります。
夜寝る前になって急に冷蔵庫内の大掃除とか。( ̄ー ̄;)

肩と腕のご心配をしてくださり、
ありがとうございます。
おかげさまで着実に治りつつあるようです。
9~10月はどんな体勢でも四六時中痛かったのですが、
今は無理な動かし方をしない限りは
痛みがほとんどなくなりました。
でも可動範囲は相変わらず狭く、
腕組みも万歳もできないし、
背中側には少しも手が届かないので、
服の脱ぎ着にはかなり苦労しています。(T-T )
コツコツアツコさんは今現在、
痛くていらっしゃるのですか? w(゚O゚〃)w
以前に「いつの間にか治っていました」と書いていらっしゃったので、
もう今は大丈夫なのかと思っておりました。
私は今回の痛みではどこにも受診していないです。
3年前に左腕を患ったときに整形外科を受診したら、
「放っておくしか方法がない」と言われ、
今回の右腕も3年前とまったく同じ症状なので、
なんとなく行く気になれないまま時間が過ぎてしまいました。
今からひどくなるようなら受診すると思います。

「清水の舞台から」というのは私はあまり使わないけれど、
うちの母もよく使っていますよ。( ^m^ )
うちの母は私に輪をかけてシブチンなので、
たいして高い買い物をしていなくても、
しょっちゅう飛び降りていますよ。(〃^m^)

作品のほうは完成のめどが立ってきました。
どうぞ楽しみにお待ちになっていてくださいね。( ^-^ )

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する