ドールハウスのリース  第4回

2017.01.22
こんにちは。
ドールハウスの続きです。d( ^-^ )
今日は2階に置くモチーフをご紹介しますね。
女の子がとても大切にしているヌイグルミの
クマちゃんとウサちゃんです。(-^〇^-)

chizutandesu2017012201.jpg

女の子よりも少し小さめに作ってあります。
瞳に用いているプラスチックアイは、
女の子に使用しているものと同じものなので、
顔の大きさに比べると目が大きいということになります。
だから女の子よりも可愛く見えるかもしれませんね。( ^m^ )

作品としては体長5.5cmの小さなモチーフですが、
ドールハウスの中では存在感のある大きな置物です。
現実世界では体長50cmくらいのヌイグルミのイメージ。
このデザインそのままのヌイグルミが私も欲しいです。(〃∇〃)

大きなヌイグルミなので、
2階のソファーを独占しちゃっています。( ^m^ )
そのソファーがこちらです。

chizutandesu2017012202.jpg

うちの家にはソファーがないので、
このソファーも私が実際に欲しいアイテムです♪
ヌイグルミを座らせてみますね。

chizutandesu2017012203.jpg

ヌイグルミのサイズに合わせて型紙をデザインしたので、
ヌイグルミにぴったりのソファーになっています。

続いてドレッサーをご紹介しますね。

chizutandesu2017012204.jpg

リアルなドレッサーではなく、
オモチャっぽいドレッサーをデザインしました。
女の子が毎日つけている香水も並べていますよ。
引き出しの中は女の子以外は誰も覗いちゃダメなんです。( ^m^ )

ソファーとドレッサーを並べてみました。

chizutandesu2017012205.jpg

今回の作品は新しく描き起こさなきゃいけない型紙が多いので、
製作にほんと~っに膨大な時間がかかっています。
型紙製作に時間がかかっている分、
その時間を台無しにしたくなくて、
いつもよりも丁寧に裁縫作業を進めているので、
完成までの道のりがなおさら長くなっています。d(≧-≦;)

さて大きめのモチーフがすべて出来上がったので、
ドールハウス本体を作りますね。( ^-^ )

chizutandesu2017012206.jpg

縦が約24cm、横が約40センチのお家です。
淡いピンク色の壁とレモンイエローの床です。
小さな窓もついています。

今回は大きめの作品なので、
吊り下げ部分はいつものようなポリエステル紐ではなく、
輪にしたサテンのリボンに木製の棒を通す形にします。
重量に耐えられるよう、
リボンは裏側にミシンでしっかり縫いつけてあります。

このドールハウスにモチーフを縫いつけていきますよ。
その様子はまた次回に。( ^-^ )

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

予想以上に時間のかかってしまった「クリスマス劇場」ですが、
ようやく最後まで描き終えることができました。(-^〇^-)
今回は最終回なので、
これまでのストーリーもまとめてご紹介しますね。


「クリスマス劇場」
             原案/ピカミちゃま&デコポン&ちいず
             イラスト/ちいず

あるところにとてもさみしがり屋の男の子がいました。
たった一つの楽しみはクリスマスが来ることです。
サンタのおじいさんとトナカイくんが
プレゼントを届けてくれるからです。

chizutandesu2017012213.png

ところがサンタさんとトナカイくんは、
風邪をひいて寝込んでしまいました。
一生懸命に看病するのはサンタさんの孫の双子ちゃんです。
「わしたちのことは大丈夫じゃ。
それより男の子にプレゼントを届けてあげておくれ」
サンタさんはそう言いました。

chizutandesu2017012208.png

それを聞いた双子ちゃんは大あわて。
だってクリスマスは今日なんだもの。
双子ちゃんはサンタとトナカイの服を着て、
急いで外に飛び出しました。

chizutandesu2017012209.png

ところがあわてすぎていたのでしょうか。
プレゼントを持ってくることを忘れていたのです。
男の子の部屋についたときに気がつきました。
眠っていた男の子が二人の声を聞いて目を覚ましました。
双子ちゃんはしょんぼりした声で男の子に言いました。
「楽しみにしてくれていたのに、ごめんなさい」

chizutandesu2017012210.png

男の子は双子ちゃんを元気づけるように言いました。
「大丈夫だよ。そのかわりにボクと一緒に遊んでよ」
それから三人は外に飛び出し、
雪だるまを作ったり、
雪合戦をしたり、
追いかけっこをしたりして遊びました。
ちっとも寒くなんかありませんでした。
「こんなに楽しいクリスマスは初めて!」
それを聞いた双子ちゃんもホッペを赤くしました。

chizutandesu2017012211.png

そのころのサンタさんとトナカイくんは、
二人で顔を見合せながらニコニコしていました。
本当は風邪なんかひいていなかったのです。
男の子に双子ちゃんを送り届けるために、
風邪をひいたとウソをついていたのでした。
男の子にとっては、
双子ちゃんが「お友だち」という名の
ステキなプレゼントだったのです。
もう男の子はこれからずっと
さみしい思いなんてしないことでしょう。

おしまい。


chizutandesu2017012214.png

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

いつも応援してくださり、
ありがとうございます。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
にほんブログ村

コメント

ナイスサンタさん‼︎トナカイくん‼︎

クリスマス劇場、お疲れ様でした(*≧∀≦*)最初にお話しさせていただいた時からこうやって素敵な物語にしていただけるなんて、1人のファンとして本当に嬉しいです‼︎またイチマカの誕生日に完結するとは、運命的です(๑>◡<๑)イチマカもとても喜んでいました♡
サンタさんとトナカイさんの心意気にズキューン(*´∇`*)心がほっこり温まりました♡かわいい絵と素敵な物語をありがとうございました‼︎

くまさんやうさぎさんの顔のステッチのリアリティにびっくりです(*⁰▿⁰*)さすがちいず様‼︎かわいいー♡♡
細部までこだわりぬいていて、本当に素晴らしいです‼︎これが5.5センチなんて信じられませんΣ('◉⌓◉’)
ソファーもドレッサーもそしてピンクのお家も、どれも女の子の夢がつまっていますね(((o(*゚▽゚*)o)))
素敵なお家にツインテールちゃんや家具が入ってさらにパワーアップしていくのがとても楽しみです♡

インフルエンザも流行っていると聞きますので、体調に気をつけてお過ごしください‼︎またの更新を楽しみにしています(*^^*)

ピカミさま、いらっしゃいませ! \(#⌒0⌒#)/

ピカミさん、こんにちは。(-^〇^-)
お待ちしておりました。(〃´ー`〃人)
いつもステキなコメントをありがとうございます!
「クリスマス劇場」に関しても、
「ドールハウスのリース」に関しても、
「こう受け取ってほしいな」と思っている私のコンセプトを
ずばりと言い当ててくださっているようなコメントなので、
私の作品の解説はピカミさんにお願いしたいなんて思っちゃいました。
・・・まぁ、私の作品が大層なものではないので、
解説が必要とされるような状況にはなりませんが。(;^-^A

イチマカちゃま、お誕生日なのですね!
おめでとうございます!! \(#⌒0⌒#)/
クリスマス劇場の男の子は、
可愛らしくて優しい雰囲気のイチマカちゃまをイメージして描いたので、
イチマカちゃまに喜んでいただけると一際嬉しく思います♪
喜んでくださっているイチマカちゃまを思い浮かべると、
私の心もほっこり温まります。(〃∇〃)

「クリスマス劇場」に関しては、
私のほうこそピカミさんに本当に感謝しております。
当時のピカミさんのコメントとデコポンの言葉を見比べたとき、
一連の物語がぱーっと頭に思い浮かび、
イラストにしたくてたまらなくなったんです。
そしてイラストを描いている時間はとても穏やかで楽しいものでした♪
そんな時間が持てたのはピカミさんのお陰です。(〃´ー`〃人)

クマちゃんやウサちゃんの顔のステッチは私も好きです。(〃∇〃)
実際のヌイグルミには
こんな大きなステッチのついたものはないと思いますが、
この二人の「どうだ、私たちはヌイグルミだ!」と
主張しているようなステッチが気に入っています。( ^m^ )
体長5.5センチのわりには、
実はこのヌイグルミちゃんたちの製作は、
いつもの動物ちゃんたちの製作に比べると楽だったんです。
いつもの動物は鼻を刺繍で表現していたのですが、
これがどうにもこうにもなかなか上手くいかなくて、
1体作るのに必ず一度は失敗して捨てるということを繰り返してたんです。
でも今回は試しにアイロン接着フェルトで鼻を表現してみたら、
「あ~ら、簡単。しかも綺麗!」という感じに仕上がりました。
もっと早くこの方法を試してみていたら良かったです。(;≧ェ≦;)

ピンクのお家には続々と家具が搬入されている最中です。
引っ越し業者さんがきびきびと働いてくれています。
かなり近いうちに搬入後の様子をご紹介できそうです。d( ^-^ )
ヤフオクへは今週中に出品できると思います。
楽しみにお待ちくださると嬉しく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。(〃^-^〃)
ものすごく寒い毎日が続いているので、
ピカミさんもどうぞご自愛くださいますように。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する