とあるパン屋さんのリース 第3回

2016.09.15
こんにちは。( ^-^ )
今日はパンの陳列棚をご紹介しますね。

厚手のクリーム色のフェルトの上に、
焦げ茶色のアイロン接着フェルトを貼って、
上下2段の棚(のつもりの物)を作りました。

chizutandesu2016091501.jpg

棚にパンを縫いつけて固定します。

chizutandesu2016091502.jpg

固定し終えたら裏側にもう1枚フェルトをあてがい、
左右と下部をブランケットステッチで縫いとじていきます。

chizutandesu2016091503.jpg

開けておいた上部の隙間から、
補強のためのプラスチック板を差し込みます。

chizutandesu2016091504.jpg

白いトーションレースを重ね、
上部をブランケットステッチで縫いとじます。
これで陳列棚の完成です。( ^-^ )v

chizutandesu2016091505.jpg

平台じゃなくて、
上下2段の棚を横から見ているという構図です。

どうしてパンが全部立てて並べてあるの?
しかも宙に浮いてるの?(;¬_¬)
と訊かれそうな気がするので、
自分で訊いちゃいましたが、
自分でも分かりません。σ(―゛― ;)

当初は、
立体的な陳列棚を作って、
その上にパンを置こうと考えていたのですが、
そうすると陳列棚だけが前方に飛び出していることになり、
リースとしては不格好になるんです。
それでこういうペチャンコな陳列棚にすることにしました。(⌒◇⌒;)

パンは立てて並べてあるんじゃなくて、
斜めに置いてあるのがそう見えるだけなのかも・・・とか、
手前のパンだけが見本として立てて置いてあるのかも・・・とか、
ご覧くださっている方の豊かな想像力で、
好意的に受け止めてくださると嬉しいです。(≧ー≦〃)ノ

続きはまた次回に。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

先日、恐ろしいほど大人数の年配のご婦人方をお見かけしました。
関西で言うところの「おばちゃん」とか「おかん」といった雰囲気の、
60代から70代に見えるおばさま方です。
あんなに大量のおばちゃんを見たのは初めてでした。
そういう私もおばちゃんですが、若いほうかも。(≧-≦;)

いつも楽しく拝見しているハンドメイドブログに、
「日本ホビーショーに行った」という記事があり、
私もメーカーの出店するハンドメイドのイベントに
行ってみたいと前々から憧れていたんです。

そんななかでデコポンがたまたま休日だということもあり、
デコポンについてきてもらって、
今月9日に開催される「OSAKA手づくりフェア」に
行く予定を立てました。
いつも使っているフェルトのメーカーの
サンフェルト社や清原社も出店しているので、
とっても楽しみです。(〃´ー`〃人)
何か珍しい種類のシートフェルトを売ってるかも♪
軍資金は1万円です♪
私もブログで戦利品自慢をしよ~っと♪ ヾ(〃⌒∇⌒)ノ
・・・と、そんな気持ちでいました。

開催場所であるマイドームおおさかの入場口のはるか遠くに、
入場待ちの列の最後尾を知らせる看板を持ったお兄さんがいました。
その列のなんと長いこと!
そしておばちゃんの多いこと!
見回してみても男性はデコポン一人です。(⌒◇⌒;)
「おばちゃんが多いねー」と話している後ろの女性たちに、
自分のことを言われているような気がしていたのですが、
振り向いたデコポンによると、
彼女たちも充分おばちゃんたちだったそうです。(;^-^A
1時間くらい並んでようやく入場すると、
どのブースもバーゲン会場のワゴンのようで、
群がるおばちゃんの山山山。
早々に退散したデコポンは廊下のベンチに座って読書。
私はといえば、
友だちのように「これ、何に使うもん?」と
話しかけられたこと2~3回。
汗ばんだ腕が触れ合ったこと3~4回。
おばちゃんとキスしそうになったこと2~3回。
それで結局どうなったのかというと、
何一つ買えませんでした。(;´д`)ノ
シートフェルトなんて1枚も売っていませんでした。(T-T )
ああ、サンフェルトさま、清原さま~。(;TдT)ノ
シートフェルト手芸って流行ってないの?
それに私が尻込みしがちなのと、
財布の紐が堅すぎるという原因もあります。
可愛い猫ちゃんのアクセサリーパーツを買おうかどうしようか・・・、
「でもパーツだけ買ってどうするんだ? 何に使うんだ?」と、
たった300円の品物の前で悩みまくって、
後ろで待っている人たちに悪いと思ってブースを離れたり・・・。
結局手に入れたのは、
入場時に渡された袋だけ(デコポンと私の二人分)。

chizutandesu2016091506.jpg

何も買わずに無料でいただいては申し訳ないような気もするので、
ささやかながらも宣伝になるよう、
出店メーカー様のお名前が分かるように掲載いたします。(;^-^A
大きな袋なので、
クリーニング品を持って行くのに使おう。(〃゚∇゚)

それにしてもハンドメイドをたしなむおばちゃまがあんなに多いとは。
どなたもとってもお元気でパワフルに見えました。( ^-^ )
私も大いに触発されたし、
面白い1日を過ごすことができました。
でも私はもう二度と行かないでしょうが。( =_=)

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


いつも応援してくださり、
ありがとうございます。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
にほんブログ村

コメント

優しさですね♫

陳列棚、かわいいです♡今は対面式のパン屋さんも増えているので、ここのパン屋さんは最先端のパン屋さんなのですね(*^^*)b
商品を見ながら話してパンを買うと、お客さんの好みやパンへのこだわりを知って買うことができるので、お客さん思いな店長さんの優しさが伝わりますよ♡私はこの陳列棚は優しさの結晶だと思います(=゚ω゚)


デコポン様とのデート、素敵です(*^^*)読んでいてほっこりしてしまいました♡
たくさんあると、選択肢が多くて逆に何も買わないで帰ってしまうことが私もあります(。-_-。)「悩むなら全部やめよう!きっとこれはご縁がないのね〜」という発想なので、やめてしまうことも多いです。
でもちいず様のはいつもときめいてしまい、どれもやめられません♪(´ε` ) どのリースもとてもかわいいです♡
パン屋さん、だんだん完成に近づいていて、読んでいてとても楽しみです‼︎
急に寒くなってきたので体調にお気をつけておすごしください(*^^*)


ピカミ様、いらっしゃいませ! \(#⌒0⌒#)/

ピカミさん、こんにちは。
今回も温かなコメントをありがとうございます。( ^-^ )

店長さんの位置が陳列棚の前なのか後ろなのかを
まだご紹介していないのに、
よくここが対面式のパン屋さんなのだと
お分かりになりましたね。w(゚O゚〃)w
私の思い描いている全体像が、
もうピカミさんには伝わっちゃってるのでしょうか。(〃∇〃)
私としては「魔女の宅急便」のポスターのような
パン屋さんをイメージして作りました。
出来上がりはまったく違うものになると思いますが、
あんなふうに見ているだけで癒されるような
メルヘンチックな雰囲気のパン屋さんになるといいです。(〃´ー`〃人)
「陳列棚は優しさの結晶」だなんて、
まさかそんな身に余るお言葉をいただけるなんて、
夢にも思っていませんでした。( ̄□ ̄;)
ほんとにピカミさんは誉め上手でいらっしゃいますね。(≧-≦;)
恐縮してしまいます。 (/≧◇≦\)
もしくは私なんかでは想像もつかないほど、
優しい感受性をお持ちなのだと思います。(〃・ ・〃)

デコポンとのデートが素敵ですか!?
ありがとうございます・・・というよりは、
ぶっちゃけ「どこが!」と思っちゃいます。(;^-^A
「おばちゃんが多かった」と「何も買わなかった」という
情報しか書いていないと思うのですが。(;^-^A
「ほっこり」も「どこに!?」と思ってしまいました。(;^-^A
でもほんとにそう感じていただけたのなら嬉しいです。(〃∇〃)
選択肢が多いと何も買えないというのは、
確かによくあることですよね。
そういう実験結果もあるそうです。
悩んだ時点で縁がないというのも確かにそうかもしれません。
それでも私の品物はやめられないとおっしゃっていただけて、
とっても幸せに思っています!
ありがとうございます。m(。≧ _ ≦。)m
人形の顔がいつも同じなので、
飽きられないように工夫しているつもりではいました。
だからピカミさんのお言葉を聞いて、
工夫を認めていただけたような気がして、
とても嬉しくなりました。(〃∇〃)
そのつど目新しさを感じていただけるような作品が作りたいです。
頑張りますね。p(〃^-^〃)q
今回の作品もいろいろ新しい試みがある分、
長丁場になると思いますが、
気長にお待ちくだされば嬉しく思います。

本当に朝晩は寒いくらいの気候になってきましたね。
ピカミさんもご家族さまもご自愛なさいますように。( ^-^ )

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する